日常から行なう自己改革|nlpとは解決策を自ら見出す力です

眼鏡の婦人

価値観を変えるプログラム

2人の女性

nlpとは、神経言語プログラミングの略ですが脳の機能を利用して目標を達成したり問題を解決するための指導を行うものです。コーチングと異なるのは、自ら向上するポジティブな意識を持つことができるようになる点です。そして価値観を変えることによって、感情や行動などに変化をもたらすことになります。近年ではビジネス環境に大きな変化が見られるようになっています。非正規労働者の増加や大企業の倒産危機など、安心して働ける環境が少なくなっています。そこでこのnlpを活用することで、発生する様々な問題を解決する動きが増えると予測されます。コーチングでは効果が得られないケースが増えていることも、その傾向が続くことを示しています。

nlpはコミュニケーションを主体としたプログラムです。そのために学習方法にも注意点があります。講義を受けるためには、国際認定されたトレーナーの指導を受ける必要があります。ただしスクールに通うことができない人に向けて、通信教育も用意されています。ただし、独りで学習していても、知識を得ることはできても、実戦で役立てることが難しいものです。あくまでも人とのコミュニケーションによって実践力を高めるのがnlpの特徴です。職場などで覚えたことを実践することによって身につくことであることを理解することが大事です。また、スキルを高めることが目的ではなく、あくまでも日常生活にどのように活かすのかを考えることが重要です。